アルコール(酒)は絶対にダメですか?

Q: アルコール(酒)は絶対ダメですか? 1日につき、糖分ゼロの発泡酒1本、焼酎ロックでコップ1杯飲んでいます。(朝はパンをやめ、夕食のご飯なし、昼はそばのみにしています)

スポンサード リンク

A: 絶対ダメという訳ではありません。「アトキンス本」では、

アルコールも導入時は禁止ですが、炭水化物を含まないものは、適量(注意)であれば導入以降の段階で条件付きで選択肢としてあります。

と記述されています。具体的な内容については、「アトキンス本」に譲ります。

アルコール(エチルアルコール)自体は、他のマクロ栄養素と違い、体内で毒物扱いされます。代謝の系統は他のマクロ栄養素とは違うものになります。

ですが、以下の2点には注意が必要です。

  1. アルコール飲料には、アルコールだけでなく、糖分やアミノ酸等が含まれる
  2. アルコール摂取で脂肪が合成されやすくなる

アルコール飲料に含まれる糖分やアミノ酸等

以外と認識されていないことですが、アルコール飲料にはアルコール(エチルアルコール)以外の成分も含まれています。

誘導ダイエットの時点では、アルコールは摂取しない方が良いと思います。減量段階以降は、体重の増減に注意を払いながら、アルコールの摂取を試みてもよいかもしれません。摂取するアルコール飲料については、以下のことを念頭において下さい。

ダイエットに於いては、そのアルコール以外の成分が問題になります。特に糖分は問題です。アルコール飲料の種類によっては、無視できない量になる可能性があります。しかも、含有量が示されていない場合も多いのです。

糖分が多いと思われるアルコール飲料としては、

  • ビールとその類似製品
  • カクテル(注:種類によって異なる)
  • チューハイ、サワー等
  • ワイン

    アトキンス博士は良いと言っていますが、私は糖分その他の成分が多いと思っています。

  • 日本酒(清酒)

が挙げられます。蒸留酒でないアルコール飲料や、蒸留酒に糖分を加えたものがこれに相当します。

逆に、糖分等の成分が少ないと思われるアルコール飲料は、

  • 焼酎
  • ウイスキー

など、蒸留酒といわれているアルコール飲料です。

蒸留酒は、醸造酒のアルコール分(エチルアルコール)だけを蒸留して取り出した(それを水で希釈した)ものです。糖分は殆んど残らないと思われます。エチルアルコールのみを取りだし、その他のアルコール類は除去されるため、肝臓にも優しいといわれています(ただし、濃度が高いため、注意が必要と思います)。

アルコール摂取で脂肪が合成されやすくなる

この件はWikipediaに詳しい解説が記載されています。テレビ番組やその他文献でも取り上げられいます。

結論

私見ですが、「誘導ダイエット」時は禁酒し、減量段階以降は、糖分の少ないアルコール飲料を適量摂取するのが良いと思います。

質問者様のアルコール飲料については、焼酎ロック1杯はかまわないと思いますが、発泡酒1本というのが気になります。糖分ゼロといっても、実は糖分は完全に取り除かれている訳ではないのです(糖分の含有量が基準以下であれば、「糖分0」と記載できるのです)。もしこの手のアルコール飲料を摂取したいのであれば、商品パッケージ(この場合は缶ですが)に記載されている栄養成分を確認し、該当商品の炭水化物量も、炭水化物摂取量の計算に加えるべきと思います。

焼酎は糖分もほとんど無く、ダイエット中のアルコール飲料に適していると考えます。

焼酎には「甲類」と「乙類」(本格焼酎)があります。極稀に、砂糖を加えて味を作っているものもありますので、パッケージ(ラベル)の原材料に注意して下さい。

アルコールには利尿作用がある(厳密には、利尿を抑える酵素の働きを悪くするらしい)ので、脱水症状を起こすことがあります。十分な水分を補給して下さい。水太りというのは無いので、安心してください。

参考リンク

楽楽焼酎

楽楽焼酎
楽楽焼酎

  • 玉川 美沙
  • ASIN: 4835600673
  • [単行本]
  • 価格: ¥ 1,050
  • ぴあ
Amazon.co.jp で詳細を見る

スポンサード リンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*